一期一会

  • 一期一会

電車でこの人気になるなって時、ありません?

かわい〜とか以外にも、英語勉強してて偉いとか、ブルアカやってんじゃん(🤓)とか

でもそれを伝える世の中は形成されていない(適応するならナンパである)

 

せっかく発芽した感情を、無為にするのはもったいなくないですかというわずかなアレ

もし仮に、毎日「1日1枚、気になった人にお配りしてます」という文言とともにLINEのQRコードか何かを配布したらどうなるのだろうか

 

って問題提起だけ

 

  • 意味のない会話

スケジュール立てた欠点、全ての時間を意味付けしてしまうところ

 

どんな暇な時間もタスクをする時間に変えてしまい、偶発性がない

さらにいうと、他人との(どうでも良い?)コミュニケーションもデバフが掛かる

時間があったらあれやるしなぁ…って、そっちを優先したい気持ちがあるのか、そっけない返事になる

 

 

学生だからまだいいけど、社会人0年生になったら自分のタスク > 上司/年上との会話な意識なんてしたら、まぁ失礼だよな

社会人になることって「(自分のタスクのための時間でなく)他人の時間を責任持って過ごすこと」なのではないかな〜とか

 

  • おまけ

新聞に載ってることが、二、三駅ずらせば聖地巡礼(?)できるので見に行ったけどオープン前だった、記事はよく見ようね

nasi

「SHINAGAWA?」

と話しかけられた、振り向いたら外国の方

品川に行くか?という質問らしい

「あ〜…」と場を繋いで、さっと調べ、YES YESと答えた

 

まぁそれだけなんだけど、なんか書き留めたかった

 

 

  • なし

書くことないけど

 

また領収書関係触ってて

また環境構築やってて(別件)

くらい、はい

 

あ、東日本と西日本でJR会社分かれているので、近所のJR駅だと西日本の領収書発行できねえらしい

発行しにいく方がマイナスだな

 

 

う〜ん…

 

あ〜、研究室の座席が変わったな

M2の席を使えるようになったから、奥の方になって快適

ソファおいてる側だったときは画面丸見えなのが落ち着かん

 

う〜ん...

誰も客観を語れない

半年に一回くらい、家族に文句垂れたくなるときある

主に妹と母の散財

 

クソ適当に話したからあんま覚えてないな

 

1:散財やめろ

2:妹が天然すぎるから頼むから養殖であってくれ

 

 

  • メモ:本(というか漫画)を読む手段

物理買う:定価

電子買う:定価よりちょっと安い

漫画喫茶:700円/2〜4冊 (700円/3時間)

(NEW)レンタルコミック:880円/10冊(7泊8日)等

図書館借りる:0円なのでコスパ無限大

 

 

  • 誰も客観を語れない

包括的に物事を知っている人は、一部分野の現場を知ることは出来ない

だから、どれだけ説得力があろうとも、包括的が部分的に勝てる通りはない

 

〜〜〜

 

というのを前提として、どう知識を仕入れればいいのかという話

 

基礎情報学の話から引っ張ってくるんですけど「客観視は存在しない」というのが好きなんですよね(引っ張ってくる(影響される)だけで、基礎情報学の内容でない)

誰しもが一人の人間の主観から出発しているから、客観視など存在しない

 

では、今存在している「客観視」と呼ばれる存在はなんなのか

各主体の主観を機械情報(機械の扱える静的な情報、例:文字など)によって、おおよそ皆が良いだろうとした結果

 

それは静的であり、事実を正確に伝えられることではない

余談:日経新聞読んでますけど、とばしが多い(父談)らしい

自分としては、株に関連した予測段階が多い・ビジネスに入るので技術者のツッコミが入りやすいだと勝手に思ってる

追記:これメモしたの朝なんですけど、日経からSwitch後継のニュース出てワロ

 

伝えやすさと正確性はトレードオフなので

トレードオフってつまらない結論だな〜

 

 

 

もはや正しい情報はないから、自分が包括〜部分のどこにいたいのか?という心情の問題になってくるな

(正しい情報を仕入れるという話なら、もっと正直に話せない(会社ポジションとか利益、コンセプトとか)に触れたかったけど)

大体プロフェッショナル or ゼネラリストの問題と一致する

ちなみに包括側寄りです、大分迷ったけど

 

いや、ゼネラリストで調べたらコミュニケーションとか出てくるからなんか違う?

個人的にはゼネラリストだと思ってるんだけど、今までがスペシャリストすぎた(1人でブツブツなんかやってる)反動のことをゼネラリストかもと呼んでいるだけで、一般的にはスペシャリストの範疇?

 

 

この辺は永遠に悩むだろうな…

(大分思考が飛んだな…)

ホタル(崩スタ)

今日なんかやる気ないな、昨日遅くまで起きてたからか

リズムって大事ね

あまりにやる気なかったんで全体的にソシャゲデーだった

 

 

  • モノづくり太郎

EVって本当にイケるの論争を丁寧に解説してて良かった

EV流行らしたのがもともとEUくんだからそらそうなんだけど、ビジネス的政治の話が聞けたのがよかったな

ちゃんと理解すれば、ああいう政治の話も戦略的なアレで面白そうなんだが(笑ってる場合じゃねえぞ!)、まぁ面倒くささが勝つんだろうな

 

 

  • ブルアカチョコ

 

前のやつも読み返してた

ナツ:特別にオブラートされる特別、だから今日は言葉じゃなくて

カズサ:湿度

ウイ:普段やらんことやる

シズコ:お、乙女〜〜

 

百花繚乱編とかからシズコが地味に株上げてる

あと絶対的にナツだな

 

 

新規組はカスミ

絆ストーリー回収してきたし、描写に無駄なところがない

先生という清い立場が、温泉開発部というテロリストと繋がってたらシャレにならないよねって話をシビアにやってるけど、表面ではそんなこと言ってない…みたいな

あのカスミは「(先生と)仲良くしたいだけなのに…」って同情したが最後、もう取り込まれている気がする、それがあのカリスマなんだ

 

ひゃだ…

 

  • ホタル(崩スタ)

 

普通はソシャゲのメインディッシュってストーリー(文章)になるけど、今日そういう気分じゃなかったので、中国の高級ソシャゲ触ってた

未だに新規実装の星行ってなかったしな

3Dだと触ってるだけで楽しい感じになれるのが良いね

 

 

特に言語化することはない、いや設定は作り込んでそうだけどあんまりそこまで真剣に読み込んでない

ホテルでけー、ホタルかわいー、でいいねん

 

普段言語化したがりすぎなだけで、もっと直感的に楽しむことも正義だから!

あとはホタルのかわいいスクショでも流しとくね

 

 

 

 



勝利のために失わない未来:イクノノックス

ゆゆうた(ブラック企業7年勤め)が就活生に現実を教えてやるって言ってるサムネ見て(クリックしたくないので内容は知らん)、現実がわからないからこそできることがあるのでは?という気づきがあった

仮に始めから「(現在の)現実を見る」という特殊技能があったとしたら、成功してるものに後乗りしか出来ない気がする

「現実を見る」のは確かに重要なのだが、無謀だと周囲から言われるような判断もそれは一定で評価されるべきものな気がする、それがないと革新的な技術(←抽象的)って生まれなそうだし

 

 

オタクが任天堂に肩組むやつ、”仲良くなる”のに越したことはないかもしれないけど、任天堂側はもちろんビジネスなので金払ってる友達みたいだなって

 

 

椎名さんのエデン条約見てて、ここ最初は勘違いするよな〜とか思っちゃう

けど、物語を正しく(ここでは作者の意図通りとする)読み取る事自体よりも、物語を正しく読み取ろうとする過程の方が少なくとも俺は好きだよな〜って思うと、その差異こそが尊重されるべきだな(正しく読み取って欲しい視聴者心理・コメントについて)

 

 

~~~~

 

  • 勝利のために失わない未来:イクノノックス

もう遅いんでメモ直で

 

 

故障(死)の対策はメンテとマネジメントで「長く走り、生きる」


ノリいいね、データキャラだけどデータ捨てる選択が標準装備のタイプだ

(IRON WILLも共に学習していく)

幼い頃の固まっていた思考をほぐす「失敗は挑戦の証だ」、知識だけじゃない勇気を

あの勝負の過酷さに反抗するメンテとマネジメント、本気を出せる尊さについて:それをいつまでも出し切るための計画性 ・それを出すための刹那的破滅

直ぐに前を向く長期目線リアリスト、ティアラの誓いで強固に

(IRONは昔の不器用な計画と不安を映している?)

クラシック、 一生に一度の瞬間と気迫の全てを糧に

熱狂による破滅的走りへの誘惑 と、それを上回る また”走れる”ための喜び

レースの誘惑という呪いが「いつまでも」を刹那的に誘導する、英雄も、友人も、好敵手も、

呪いの前に折れた全ての者へ : 誰よりも長く走る・誰より多い勝つ

日々の積み重ねがここまで連れて行った確信と確証

 

 

(ここからご褒美タイム:史実後?)

さらに上の春シニアへの挑戦 :「勝利のために失わない」未来を

失わなかったからこそ見れるもの

今まで走った全てが走れる未来に導き、輝きを絶やさずに居られることを確信させる

テイオー骨折話か、テイマクの12話思い出しちゃうな

テイオーからターボでここに帰ってくるのか 、誰もが走り続けて欲しいという未来は今でもある

 

失わない、失わせない未来

その記録と志はいつまでもそれは続いていく

刹那的生存:デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション

  • ツイート未満集など

 

ニケの絵可愛いな〜やろうかな〜って思っても1秒で、でもゲーム画面でケツ向けられるのがオスへの餌やりみたいで圧倒的にストレスが上だなって判断できるの効率良いな(ブルアカも餌では?)

 

TLでマチアプの話してると震える

 

「この後、0時から配信開始」みたいな文字列見て、刹那的に消費する消費者に、刹那的に物欲を消費させるのを加速しているのかなって

資本主義(←定義をよくわかっていないのに使うな)とか、デジタル化による情報への近さがそうさせてるのかな〜とか

 

 

  • 今日

12:午後から起床

13:母が外で食いたいと言ってたのでラーメン屋へ

14:快活で”デデデデ”と”橙は半透明に二度寝する”を読む

17:帰宅、おりこ見るぞ〜

 

↑ 楽しすぎ!独身男性すぎ

 

 

橙は半透明に二度寝するの方はカロリー低めだったのでここで書いちゃう

短編集の全2巻、オムニバス的な?

メインの首の皮回以外だと、人魚回とトナカイ回が好き

 

・メモ

首の皮:死によって第二の人生を歩み始める?

人魚:綺麗な人魚も下痢にしかならない食事の残酷さ、ちょっと食育っぽい

トナカイ:連鎖に気づいたものがそこで断ち切る勇気

首の皮:失えば何もわからない

 

  • ラーメン

いつも来てるラーメン屋

ラーメンあんま食べないんだけど、野菜食うために来てる(野菜が大量にあるタイプ)

 

でも後半に食う麺パートは惰性になっちゃうんだよな野菜増し、麺半分(そういう女性)とかいう注文したくなっちゃう

胃小さい方だしな多分、寿司のシャリ抜き的なのもちょっとだけわかる

 

 

  • 違う冬のぼくら

「したいことをしてやりたいことをやる。そういった子供のころの自由を、まだ自分は失っていないのだと思いたいだけだった」

冒頭から良いな

逆に俺は子供に不自由した反発が今出てる感ある、社会に出て維持できるかはわかんないけど…

 

 

どこに行っても自分が観測している以上、ボクの世界は変わらない

環境を変えても環境が変わっただけで、自分は自分

 

この街ではないどこかに行きたい訳じゃなかった

だからボクはここに残る

 

 

最後のシーン、文章は同じでそれぞれ違う人が映ってるなら、

2人は別の景色を見ているけど、幻覚が解けたときの「同じもの」を見ていることになるの良いな

それによって、現実を見ることができる

 

 

 

完結した隣のお姉さんが好きでも読むか、どうせ17時まで暇だし

 

→ なかった

どうしよ、思いつきで来たらこういうこともあるよな…

 

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション

 

 

何も前情報入れてなかったけど良かった

恐山とARuFaがライチちゃんから借りた漫画の1つであり、おやすみプンプンと同列という情報しか知らない(そっちは2巻くらいでリタイアした、弱い)

追記:同じ作者かい! 俺がプンプンで苦手な要素取り除いてて現代版として食べやすくなってる気がする、多芸だ

 

出来よすぎて 一旦1巻で止めてしまった、おんたん殺しそうで怖いし

1巻だけで映画化出来るんじゃないか?って思ったけど、映画化するから読んだった

 

 

 

 

世間からしたら、刹那的で間違っているんだろうけど、いつでも偽りの均衡で成り立っているという事実に目を向けるからこそ、自分のそばにある絶対を手放さないようにしないといけないんですね

決して発狂による刹那ではない(だから母が発狂による均衡として描かれてるのか)

 

 

 

 

==以下メモ==

 

 

ラジオを空に掲げるコマの良すぎ

 

キャデザかわい〜 LOみたい

 

ブラック企業の奴隷となり…」←ちょっとわかる、社会に希望持ってなかったし(まだ実物見てないのに偉そうに…)

 

これ1巻コロナ前なのか、って思ったけど3.11の方か

 

「本質的に不健全で刹那的な間違ってるタイプの人間」、良い(良くない)な

 

おんたん、おもしれー女枠なんだ

誰もがコイツを置いていくのか?

 

教授と門出のやりとりちょっと好き

少なくとも表面的なアレよりかは100倍良い

 

⭐️侵略者は変えてくれるようで変えてくれない存在なのか? でも少しずつ変わってきているのも確か

だから、"日常’の象徴であるおんたんに頼るのは逆行しているかもしれない、それでもそれだけは変えてはいけないことだ

 

 

ぐえーーーーー(百合厨)

このタイプのキャラが弱るの初めて見たかも

周りは変わっていくから見えなくなるけど、それだけは大切にしないとって話か

 

「親近感を持てなくなった途端に冷める、自意識の高い若者のありがちで軽薄なファン心理だわな」

bioこれにするか

 

よふかしのうたにいた?

父かわいそうすぎる、仕事しすぎたか?

7話色々まとまってて良いね

 

おんたんの友人関係、委員長のリアル生活と一致してて欲しいな(願望すぎ!)

 

⭐️「いつかこの均衡が崩れて、地球が滅茶苦茶になるその瞬間に、僕は圧倒的な余裕を持って世界中の野郎共にこう言ってやる。僕こそが「絶対」なんだって事を。」

常に危機感を持っているからこそ、世間の皆様がいう安定とは程遠い、刹那に固執する生き方をしている

 

 

少し醜悪さを孕んでいるような「真のオタクが好きそうな漫画」だなって頭の端で考えちゃって素直に受け取れない気持ちがある…

冷笑冷笑みたいな二転の位置にいるな〜っていうか

 

買い切りで出して(買わない)

目が痒いですが、花粉症ではありません

はい

 

 

ブルアカ0068読んだよ、Twitterでつぶやいたこと以上はないです

正直流し読みだったから、メモはないです

というか、メモ取らなきゃという摩擦力があるくらいなら、ソシャゲのイベントくらい気軽に読んでいいんだったな

頭でっかちより行動(最近のキーワード)

 

 

  • やることないなら帰ろう?

今日は4年と修士2年の発表会なので、研究室にかなり人がいた

あと、なんか新しい先生?も来てた

 

それでまぁ、普段あまり人がいない時間まで結構人がいて、ワイワイな感じだった

「なんか後輩より先に帰るのもな〜(新しい先生の机配備をしている)」ってことでゲームをこっそり触りながら、珍しくダラダラしてた

Hくんとunderstandやってておもろかったな

 

けど、あんま良くなかったな

研究室にソファがあるなど、居心地よい空間になってるから忘れてたけど、普通は用なきゃ帰るんだよな

普段最後から2〜3番目くらいで帰るから意識してなかったけど

用なきゃ早く帰らないとなんか場がダラけるっていうかね、なんでいるの?みたいな感じになっちゃうよね、なんかね

 

職場だったら早よ帰るのはそらそう、なんだけど研究室だからいても良いのかも感があってな

就活終わったからゆる〜い気分だったのもある

高校生の推薦組と一般組みたいだな?

 

 

  • 羞恥

若いから失敗できるみたいな事言われたの、改めて思い返しても結構デカいな(プラスの意味で)

 

学生16年生が社会人0年生になるようなもんだから、赤ちゃんプレイみたいなもんだよな(?)

自分が出来ないという羞恥を受け止めないといけない

 

ここから昨日見た、まほあこ7話の話するんですが(何故?)、本気で蔑まれてるのが良いですよね

身体的なやつよりも、ああいう精神的な攻めの方が好き

身体だと結局反射的な反応に勝てずに負けて”しまう”だけど、精神なら自分が自分の意思で負けを認めないといけないのが良いですよね、屈服ですよ

 

じゃあ、社会人0年生として挑戦しまくるのが良いなら、失敗した時の羞恥を癖と結びつければ、挑戦できていいんじゃないの?

 

そんな受け止め方できるわけない、泣くぞ

 

 

  • 買い切りで出して(買わない)

電波人間の話

復活嬉しいけど、買い切りの方が良かったな

前作FREEは無料だからやめちゃった記憶がある

とはいえ、買い切りだったらだったで買うかと言われると…

 

はじめに買うというハードルがあるとやっぱり人来にくいんだろうな、有料でも少なくとも最初に触れるのって情報とか実況とかからよね

ワガママな消費者め…だからtoCは嫌なんだよ

 

とはいえ、ちゃんと向き合うのであれば自分に合うのは買い切りな気がしてる

 

ハマっているブルアカですらトータル課金額2000円行くか行かないか

良い体験させてもらったから代わりに課金するか…って思考は全くなく、払わなくて良いなら払わんかという思考

もう良い体験させて貰ったし、課金することでその体験が後から強化される訳ないし、課金したからといって、未来の体験が強化されるという確約にもならないので(薄情な!)

 

じゃあお前の金の行き場は?となるので、だったら最初から思い切って買い切り系に突っ込んだ方が体験として優れるのかもしれない

 

 

コスパだけの話をしたら、0円(に限りなく近い値)で割れば効率は無限大!だけど、コストに時間も含めないといかん

ユーザーを定着させる時間というコストは絶対に掛かると考えるとな

 

でもソシャゲ等って課金者が俺らの分も払ってくれてると考えると、平均したら支払ってる額は買い切りよりも上か…?

うーんなんとも

(金と体験は等価と仮定)

 

 

買い切りが体験として優れる

とは言ったけど毎日ずっと2000円とか払って良質な映画見るのはそれはそれで息が詰まるだろうから、ちゃんと呼吸をするところに”だけ”、時間コスト優位な無料系を詰めるのが正解なんだろうな