無を有に変えるソレ

  • 夜食

珍しく夜食を食った

 

湯量は測りません、夜食食うやつがそんなの気にするわけないので

茹で時間も測りません、夜食買う奴がそんな中にするわけないので

 

胃もたれした、慣れないことはするもんじゃないね

 

 

  • 未解決事件

すんません、7割くらいしか理解できてないです

 

体験としては「あぁ…!」みたいな瞬間があって面白かったけど、人物把握が絶望的に苦手なのと、現状の時間軸での整理をキチンとしてから次の話に進みたいタイプだから時系列ごちゃへのモヤが上回っちゃって、システム自体は相性が悪かったかもしれん

 

Her Storyとかの形式って知ってはいたけど、思いっきり込められた「過程」によって「結論」がおのずと形成されるのが好きだから、順番によっては「結論」が先に出ちゃう形式なのがな

 

 

(時系列完全補完 + True後)

はぁ〜〜なるほど、ならこのシステムなの納得だわ

ゲームシステムとの兼ね合いが上手いなこれ

 

あと最後の作者の文章アツくて良い、俺今若干こういう研究してるし(?)

インディーゲームでしか見れないよな、こういうの

 

 

 

  • 蓮ノ空

 

  • 15話:向き合う

敗退への向き合い回

メイン回って訳じゃないけど、アニメと違ってちゃんと1人1人に時間取れるの、深堀りができていいねぇ

 

優勝という花束が手に入らなかったとしても、乙宗 梢には日野下 花帆という大きな一輪が咲いてるんだろ?(本日2回目)

 

  • 瑠璃:負けた悔しさというより、目的地に盲目的でなかった自分が魅せるアイドルよりも魅せられてる観客な気がした
    • これ凄いな、客観視してる自分が嫌だみたいな話を前提さらっと出来るものか(勝ち負け系からよく逃げがち、俺に刺すじゃん)
  • 慈:スポ根、楽しいも悔しいも
  • さや:積み重ねの結果が出るだけだから粛々と日々に戻る
    • 落ち込みながら空でも見てんのかなとか思ってたのに普通に笑っちゃった、やっぱ作中tier高すぎる
    • 粛々となのわかるな、その日限りの一発逆転とか偶発すぎるから受け止めるしかないって思う
    • この後「負け方が上手」に話が短縮されて、急に俺がマゾなだけに見えてきた
  • 綴理:さやからみんなに
    • 人間強度的なあれ
    • 話しながら自分で納得するのすき
  • 花帆:どうして私が
    • 花帆って(原初の)設定的には、技術でも意図的な魅せ方って感じでもなく、ただ自然な笑顔一本ってキャラだからな…
  • 梢:全部を投げ売って
    • おい!って言った
    • 花の描写がすばらしい、優勝という花束が手に入らなかったとしても、乙宗 梢には日野下 花帆という大きな一輪が咲いてるんだろ?(3回目)
    • 今まで乙宗 梢の心理描写が少なめだなって思ってたけど、今回の描写でかなり納得した

 

ぜってぇ来年、卒業東京旅行で泣かす気じゃん

リアルライブもやるだろ

 

 

  • 16話

梢がデレデレ…(一晩過ごした?みたいなことしてるな...)

三重ユニット、冗談かと思ったら本当だった

お、明言された(沙知→綴理の市場)

 

 

240111:あけましておめでとうございます

を見ながら思ったけど、震災で急に「リアルとの兼ね合いどうすんの」って突きつけられたんだろうなとか

 

 

 

===

 

 

(共通点見出し大好き人間)

 

梢先輩がクラゲに見えてきた

何もないとは言うが、優しさによって「それまで存在しなかったものが 新たに作り出され」るんだよな