GW2日目:蓮4~5話

ソシャゲ(1999)ガチャを何も考えずに引くのきもち〜

 

わざわざ引くほどでもないかな〜別に可愛くもないしって思ってたのに、引いた瞬間可愛く見えてくるの人間の欠陥すぎるね

 

===

 

前:コウすきそ〜笑

後:アイツらホントわかってないよな〜(肩組み)、そんな見た目だけど浅いコンテキストじゃなくてさぁ、ありがちな天才キャラってだけじゃなくて完璧だからこそ抱えてる周囲との差を自覚しているっていうグロテスクさが苦しい点でもあって、でもたまに見せるストレートな言葉が刺さる瞬間が〜(ブツブツ

↑この自我を殺してくれ

 

コアなファンが勧めてるのに推しの一言でこんなにズブズブと入っていくグロさ、アイツあっさいな〜って思ってたけど、俺もそういう人間なんすねって

 

===

 

  • 活動記録4~5話

6話読みたかったけど、早く起きたせいで眠すぎて明日

7~8話楽しみ

 

 

  • 4話:私はあなたを見て、ここにいるんだ

 

「いかないで」が好きすぎる!

綴理のキャラが想定外でかなり良かった

天才キャラが孤独なのはよくあるけど、それを自覚してるの良い

 

綴理がスクールアイドルでないと思われたのは、一般的には技術が完璧すぎて憧れる活力とならなかったからかな

でも、さやかは基本折れないし、そういう活力があって、目指したい目標を探してて、縋りついたそこに綴理がピタリとハマった

 

  • おでんの話、meetsで出てたな、こういう感じか

  • スリーズブーケが離れない、痛い ←綴理ってそうなんだ…

  • 過去匂わせがすぎる、7〜8話待ってます

  • 息を切らしてさやかに会いに来るシーン ←綴理ってそうなんだ…

  • さやか、見限られても良いって言えるの作中最強tier高くない?

  • 「いかないで」

    おい!!!過去に見限られたのと勝手に重ねて孤独を感じてるけど、別にさやかはそういう人じゃないんだろ?

 

 

  • 5話:ボクのボクを許すなら、さやはさやを許して

今日のさやが良い、強いな

綴理の言葉選び、時々火力高くなる

誰かを目標にすることだけじゃなくて、さやをさやでいることをもう少し許してあげて良い

 

最初、回答が「努力の前にまず笑顔(客と自分の)」かと思った

自分を自分で認めてあげないと楽しめないし、客もまたそうという意味では延長線にあるかも

 

  • 「自分の言葉じゃ駄目」って星見純那も言ってましたしね

  • 何でもしてあげたい、伝統が1テーマだから後輩へのサポートを重きに置いてる

  • 夢が潰えた姉の話、何で出てきたのかと思ったら目標とかコピー対象?だったのね

  • 綴理ってコピー持ちだけど、あくまで楽しそうだからという自分根元だから呑まれないのかな

  • やっぱちゃんと綴理が自覚してるの結構グロいだろ…

 

 

てか両方(1~3話)とも、下級生側は「ひとりじゃなくて」で、上級生側は「完璧でない私でも」なんだな

 

 

  • With × Meets

V畑からのアプローチだから、もっと素が見たいなって基準で何見るか悩んでた

時間の長さや人数(わざわざ4人集めてたら重要そう、台本ありそう)など…

ちょいちょい齧っては見てるけど、どう決めたらいいかわからんね

 

6話後は、とりあえずちゃんと毎月ライブと4人出てるのは全員攫いたい

が、もしかしなくても膨大な気がするな

GWで履修し切るという考えが間違いまである

 

 

コンテンツの作り方上手いよな

Vtuberはライブメインで切り抜きサブだけど、蓮は活動記録メインでライブをサブにおいて、最低限これ攫えばみたいな顔できてる

例えちょっと飽きたとしても、月1で1~2時間の活動記録は追うだろうから完全に離すということがなくて、包容力が高い

 

 

 

 

 

 

2023.05.08:あそぼ。(夕霧 綴理 ソロ)

「でろ(樋口楓)のおしゃべり行ってきた、拾い食い仲間なんだよ〜」← 横転

「お弁当オムライスだったんだ〜、さやにオムライスにボクの好きなところ描いて欲しいって言ったらぐちゃぐちゃだった。さやボクのぐちゃぐちゃなところ好きみたい〜」← 大横転